ウォーターサーバーにかかる費用

ウォーターサーバーにかかる費用

まずウォーターサーバーにかかる費用が5つの項目があることを覚えておきましょう。水の代金、宅配料金、サーバーレンタル料、電気代、メンテナンス料金の5つで、はじめに水の料金ですがサーバーが有料でレンタルされているところは比較的その水の料金も低く抑えられているところが多いようです。

 

ボトルの容量は業者により違いがあるので1リットルあたりで計算してみましょう。サーバー代は無料のところが多くありますが、無料だからとすぐに即決するのはやめたほうが良いでしょう。その分の料金を水の料金に還元している業者も多いのです。

 

サーバーのレンタル料は月に500円〜1000円の所が多く、宅配料は無料という業者がほとんどですが無料の宅配エリアが決まっている所もあるので注意しておきましょう。また、メンテナンス料は意外に見落としがちですがメンテナンスフリーを導入したサーバーもあるので是非検討しましょう。

 

電気代は24時間電源が入っていることになるので月に通常1000円はかかることを覚悟しましょう。電気ポットの電気代を考えると決して高い方ではありませんが、日中ほとんど家にいない場合や一人暮らしの場合は割高な印象になってしまうかもしれません。

 

ライフスタイルによってコストパフォーマンスも変わってきます。また、近年では夜間など使用しない時間帯の電力を抑え消費電力を50%も抑えられる節電モードを搭載したサーバーも登場しています。

 

このようにさまざまな面から検討し見ることが大切で、一ヶ月の消費量が多ければ水の代金を重視し電気代節約をしたいのであれば有料でもサーバーに節電モードが搭載されているものが良いでしょう。