乾燥肌と敏感肌の両方を持っている方の対策

乾燥肌と敏感肌の両方を持っている方の対策

乾燥肌の方で、敏感肌にもなっている方はいませんか?その敏感肌とは、少しの刺激でも肌が荒れやすかったり、すぐに赤くなってしまったり、衣服を着ていて、その服の繊維が肌に触れただけでもかゆくなったり、チクチクと痛んだりする肌のことです。

 

敏感肌の方の場合、外部の刺激から肌を保護してくれる作用が衰えているので、上記のような症状が体に現れるというわけです。乾燥肌と敏感肌のどちらも持っている方の場合、スキンケアグッズを選ぶときには、ほかの方よりも注意して商品を選ばなくてはいけません。

 

大前提として、敏感肌に向いている商品を選んで使用するということです。敏感肌に向いている商品というのは、乾燥肌にも向いているものがあるので、そちらを使用すると失敗しなくてすむことと思います。

 

また、無添加の商品や、アルコールが含まれていない商品を選ぶと良いでしょう。顔を洗うときにも注意が必要で、温度が高めのお湯だと乾燥しやすくなるので、少しぬるめのお湯にすることで、乾燥を防ぐことができます。

 

洗顔フォームや洗顔石けんについては、直接顔には塗らず、手のひらに取って、泡立ててから力を入れずに洗うようにすると良いでしょう。力を入れて洗ってしまうと、余計に角質を除去してしまうことにつながり、外部の刺激を直接受ける形になってしまいます。

 

敏感肌の原因ですが、生活習慣、ストレス、遺伝、アレルギーなどが挙げられます。乾燥肌であり、敏感肌でもある方の場合、健康な肌を持っている方よりもケアをしっかりしないといけませんが、正しいケアを継続することで、良い方向に導くことは可能なので、諦めずにケアをしていきましょう。