脇の黒ずみをとる方法とおすすめクリーム

脇の黒ずみをとる方法クリームは良い?

ワキの黒ずみの原因と対処

 

今、ワキの黒ずみに悩んでいる方は多くなってきます。その理由としては、ファッションによってワキが露出するシーンも多く、そして見え方だけではなくその臭いなども気になるという方が非常に多くなっているそうです。

 

キレイに無駄毛を処理するだけではなく、さらに肌の色にも気を遣う必要があるのですが、一方でケアが十分に行き届いていない部分でもあります。今回はこうしたワキの黒ずみについて、その原因を考えていきましょう。

 

ワキのみならず、お肌が黒ずむ原因には大きく分けて2つがあると言われています。それは、ひとつは皮脂や古い角質汚れなどの詰まりであり、もうひとつはメラニン色素の沈着です。、

 

皮脂や古い角質汚れというのは、ワキがもともと汗や皮脂の分泌も盛んな部位であることから、避けにくい部分でもあります。また、衣類による摩擦や蒸れ、制汗剤によって汗腺や毛穴がつまってしまったり、黒ずみに悩むあまりに、やたらとスキンケア用品を使用することによってワキの薄くデリケートな皮膚を刺激して、さらに悪化させていることも多いのです。

 

もうひとつの原因であるメラニン色素の沈着ですが、メラノサイトという細胞が肌への刺激に対して起こす防御反応がまさにそれです。ワキの皮膚は薄くデリケートなため、あらゆる刺激からお肌を守るために太い毛が生えるようになっていて、またメラニン色素も沈着しやすい部位になっているのです。

 

ワキのムダ毛の処理に励んでいる方も多いと思いますが、自己流のカミソリや毛抜きによる処理によって肌にかかる負担が大きくなって、メラニンを発生させ、黒ずみ発生のリスクを高めてしまっています。

 

ですから、自己処理をするにしても前後に入念なケアが必要です。クリームを使用したり、処理後に化粧水や乳液でケアするといった、刺激を少なくしダメージを回復する工夫をしていくと良いでしょう。できれば医療機関において脱毛治療をするのが最善の方法です。

 

 

脇の黒ずみにバイオイル

 

今、様々な美容オイルが販売されていますが、その中でも注目を集めているオイルのひとつがバイオイルで、肌の保湿を促す効果が高いとして評判です。このバイオイルは、傷跡やニキビ跡、妊娠線の予防など、様々な肌トラブルへの効果が認められたことで人気を集め、海外から日本に入ってきた商品です。

 

バイオイルの効果は角質層の深い部分にまで浸透して肌を柔らかくしてくれるので、脇の黒ずみのケアにも効果を発揮すると考えられています。高い保湿力と浸透力は実証ずみですから、脇の黒ずみ専用の化粧品ではないですが、それでも新陳代謝を活性化させて黒ずみを除去するために有効に作用することは間違いないでしょう。

 

バイオイルの中に含まれる美容成分ですが、植物性のハーブエキスやミネラルオイルが主成分となっていて、抗菌作用や保湿、代謝の向上など様々な効果をもったものが多くなっています。もちろん顔に使用してシワやシミを除去するにも効果的です。

 

脇は乾燥しやすく、そして刺激や摩擦に弱いので、乾燥を防ぎつつそしてバリアの役割を果たしてくれるオイルは皮膚の保護に適した化粧品で、それが新陳代謝を促すのですからとても効果がありそうです。脇の下の黒ずみについても、色素の沈着を防いでターンオーバーを促してくれますから有効に働きます。

 

とはいえ、脇の下の皮膚は非常に薄くデリケートな面を持っていますので、もしも肌質に自信が無い場合は専門的な黒ずみケア製品を利用した方が無難ではないかと思います。脇の黒ずみケアの選択股として、バイオイルも考えてみると良いかもしれませんね。

 

脇の黒ずみ対策に、衣類の刺激に注意

 

脇の黒ずみの一番の要因はメラニンですが、一方で下着の摩擦や締め付けが原因となって脇の黒ずみが発生するケースもあります。

 

脇の下は常時下着などの衣類に覆われている部分ですから、摩擦が生じるのはある程度は仕方がないといえるでしょう。しかしながら、最近は補正下着などで締め付けているケースも少なくなく、またボディラインを見せるためにフィット感の強い素材の服も多くなっています。

 

すると、デリケートな脇が強い刺激を受けた際の防御反応として、メラノサイトからメラニン色素が分泌してしまい、それが肌に沈着して脇の黒ずみとなってしまうのです。他にも、腕を上げたり下げたりといった動作でも肌の表面を擦って摩擦が起こってしまいますので、その度にも大きなダメージが発生していることも危惧されます。

 

その上、日頃から行っているムダ毛の処理などの刺激は、肌にダメージを与えるだけでなく毛によって守られていた部分を無防備な状態でさらすことになりますから、脇の下はとかくメラニン色素が発生しやすい部分といえるでしょう。

 

過剰なメラニンの生成こそが脇の黒ずみの最大の原因です。しかし、メラニンといえば通常は紫外線の影響を考える人が多いですが、脇に関して言えばそれを促しているのは衣類や肌による摩擦であると考えるべきでしょう。

 

ですから、脇の黒ずみの発生リスクを少しでも抑えたいならば、締め付けの強い下着や洋服はなるべく必要最小限にとどめるべきなのです。また、肌にやさしい天然素材を使った製品を着用するように心がけましょう。

 

とはいえ、どんな素材の下着や衣服だとしても摩擦自体は発生しやすいですし、乾燥が起こりやすい部位です。ですから、脇の黒ずみを解消したいのであれば、保湿ケアなども念入りに行っていく必要があります。

 

こちらを参考に!!脇の黒ずみをとる方法にピッタリのクリームはこちら

 

 

脇は黒ずみやトラブルが多い部分

 

腕を上げれば当然のように見える脇ですが、普段は衣服を着ているのでそれほど気になりません。しかしこれが夏になると状況は一変し、普段から腕や脇が露出するようになりますし海水浴に行けば水着を着る必要に迫られます。こうしたときにムダ毛と並んで気になるのが黒ずみで、この黒ずみに対してもしっかりケアをしておかないと露出させることが難しくなってしまいます。

 

そもそも脇は全身の中でも一番黒ずみができやすい箇所と言っても過言ではありません。というのは、日常的に剃毛処理を行うために皮膚へのダメージが溜まりやすいし、衣服や動作から来る摩擦にもいつもさらされているからです。刺激から肌細胞を守ろうとするとメラニンが異常に生成されて、色素沈着を起こして黒ずみが発生してしまいます。そうした刺激による黒ずみが発生しやすいのがまさに脇なのです。

 

それだけではありません。脇は湿気がたまりやすく、そして肌が実は乾燥しやすいため元々荒れやすいのです。そして皮膚も非常に薄くなっている箇所ですから元々肌質も弱くなっています。黒ずみに限らず、肌トラブルに見舞われやすい箇所なのです。

 

ですから、黒ずみ対策としてはまず何よりもダメージの蓄積をしないように皮膚への刺激をなるべく避けることが大切です。剃毛の際にも刺激を与えることになりますから、長期的に考えると脇毛の処理を行う必要がなくなる脱毛が最も効果的だと考えられます。

 

また、脇には体の構造上汗腺が多くなっていますので、通気性が悪くなると雑菌が繁殖しやすく、それが肌トラブルを引き起こしやすくしています。ですから、発汗量の増える季節には、汗の処理を細めに行うようにしましょう。くれぐれも摩擦を起こさないように注意しながらやりましょう。

 

普段の衣服もできるだけ天然素材のものを使うと摩擦を少なく抑えることができます。化学繊維については刺激が強いので、できるだけ避け、またサイズの大きめの衣服が良いでしょう。下着も締め付けるようなものは避けた方が無難です。

 

ヨーグルトで脇の黒ずみ対策

 

夏が近づけば気になってくる脇の黒ずみですが、この脇の黒ずみに効果がある食品としてヨーグルトが挙げられます。ヨーグルトをよく見てみるとわかりますが、けっこう水分が多いと思いませんか?実際、水切りヨーグルトを食べて見ると割と固体に近いということがわかるかと思います。

 

ヨーグルトや牛乳から出てくる上澄み液のことを乳清やホエイと呼びますが、このホエイには女性に嬉しい成分が非常に多く含まれているのです。たとえば、水溶性のビタミンやタンパク質、ミネラルなど豊富になっていて、これらは保湿効果や美白効果が非常に高いために脇の黒ずみ対策に効果を発揮してくれるのです。

 

ヨーグルトというと、食べる方法が真っ先に思い浮かびますが、今回は違った利用法をご紹介したいと思います。これは、ホエイを使ってパックをする方法で、ホエイの持つビタミンやタンパク質や、ミネラルを脇の肌から直接取り込みます。

 

このためにはまず、キッチンペーパやふきんなどを使用して、ヨーグルトから水を切って水切りヨーグルトを作ります。できればこの時に使うヨーグルトは砂糖や添加物の入っていないものを使うと、肌に優しいパックを作ることができます。特に脇の肌はデリケートにできていますので、細心の注意を払ったほうがトラブルがおきにくくなります。

 

そして、水切りした際に出てくるホエイををコットンにたっぷりとつけて、そのコットンを脇の黒ずみが気になる部分に塗っていきましょう。そしてそのまましばらく放置します。また、塗った後にラップをしようするとホエイの成分が浸透しやすくなるのでより高い効果が望めます。

 

こうしたヨーグルトによるホエイパックを続けると、保湿と美白効果の両方をしっかり受けることができて肌の黒ずみが徐々に薄れていくようになります。

 

こちらもお勧め>>>脇の黒ずみをとる方法にピッタリのクリームはこちら

 

筋トレによって内臓脂肪を落とす方法

 

脂肪燃焼と聞くとどうしても有酸素運動のような軽めの運動をするという印象があると思いますが、さらに筋トレをっすることによって効率化しますどうして筋トレをするのかというと、大人になると車や電車を使うことによって運動をあまりする機会がありません。そうなるともちろん筋肉量は減ることになります。

 

食事制限をして体重が減ったとしても脂肪は減ることがありませんので内臓脂肪を減らすには運動が必須になります。まず運動をしないと30代以降は筋肉量が減少して基礎代謝が低下します。それに対して臓器が使用するエネルギーの変化はなく、50代以降はさらに基礎代謝が低下します。

 

しかし筋肉量を高めておくことによって基礎代謝が高まり、筋肉が使うエネルギーも増加しますので脂肪も減りやすい身体になります。筋トレをするコツとしては全体の筋肉をバランスよく鍛えることが非常に大事になります。身体の中でも大きな筋肉である太ももや腹筋などを中心に筋トレをすることをオススメします。

 

理想はジムなどに通うことですが、費用や時間が必要なので、費用も時間もないという方は筋トレ用の器具などを購入して家で行うことをオススメします。負荷も軽いので身体へのリスクも少なくすることが出来るでしょう。

 

また、強い力が必要だと思うかもしれませんがスロートレーニングでしたら、そういう力も必要ありません。ゆっくりとした動きで時間をかけて筋肉の肥大効果を得るようにするといいでしょう。やり方としては常に力を入れたまま続けるということです。そうすることによって無酸素運動と同じような効果を得ることができますので覚えておきましょう。

 

こちらもおすすめ>>>内臓脂肪を落とす サプリ ランキング

 

加齢黄斑変性の主な原因は?

 

加齢黄斑変性は昔は欧米人に多いとされていましたが、今は日本人でも増えてきています。加齢黄斑変性は、網膜の中心部にある「黄斑」という組織が障害され、視機能に多くの悪影響が生じる病気です。ですから、黄斑が障害される原因がこの病気の原因ということになります。

 

加齢黄斑変性の発症の原因は、まだ詳しく解明されていない部分はありますが、おおよそ加齢、喫煙、青色の光、遺伝、生活習慣が考えられています。加齢黄斑変性という名前の通り、加齢の影響は明らかに見え、50歳代から発症しはじめ、高齢になるほど発症率は高まります。

 

また、喫煙はもっとも重要な危険因子であり、ヘビースモーカーの人になると非喫煙者と比較すると発症率は4〜5倍にも上昇するそうです。これは喫煙によって体内に活性酸素が増えるためと考えられています。

 

太陽光やパソコン、テレビの光に含まれる「青色光(ブルーライト)」も、網膜を傷つける可能性があり、黄斑にダメージを与えます。これらのダメージから活性酸素が発生することもあるので注意が必要です。

 

加齢黄斑変性の発症に関わる遺伝子は発見されていて、その場合には発症率が4割ほど高くなるとされています。必ずしも発症するということではありませんが、家族に加齢黄斑変性の人がいる場合は、より慎重に病気の有無を伺いましょう。

 

生活習慣も大事で、野菜不足や運動不足などの生活習慣、肥満なども原因になる可能性があるようです。詳しいメカニズムは不明ですが、健康状態の改善は目の病気と関わっていることが多いので、普段からの健康維持には十分注意しましょう。

 

おすすめ>>>黄斑変性症に良いサプリはこれ@視力低下、見え方が気になる人必見!