脇の黒ずみをとる方法とおすすめクリーム

脇の黒ずみをとる方法クリームは良い?

ワキの黒ずみの原因と対処

 

今、ワキの黒ずみに悩んでいる方は多くなってきます。その理由としては、ファッションによってワキが露出するシーンも多く、そして見え方だけではなくその臭いなども気になるという方が非常に多くなっているそうです。

 

キレイに無駄毛を処理するだけではなく、さらに肌の色にも気を遣う必要があるのですが、一方でケアが十分に行き届いていない部分でもあります。今回はこうしたワキの黒ずみについて、その原因を考えていきましょう。

 

ワキのみならず、お肌が黒ずむ原因には大きく分けて2つがあると言われています。それは、ひとつは皮脂や古い角質汚れなどの詰まりであり、もうひとつはメラニン色素の沈着です。、

 

皮脂や古い角質汚れというのは、ワキがもともと汗や皮脂の分泌も盛んな部位であることから、避けにくい部分でもあります。また、衣類による摩擦や蒸れ、制汗剤によって汗腺や毛穴がつまってしまったり、黒ずみに悩むあまりに、やたらとスキンケア用品を使用することによってワキの薄くデリケートな皮膚を刺激して、さらに悪化させていることも多いのです。

 

もうひとつの原因であるメラニン色素の沈着ですが、メラノサイトという細胞が肌への刺激に対して起こす防御反応がまさにそれです。ワキの皮膚は薄くデリケートなため、あらゆる刺激からお肌を守るために太い毛が生えるようになっていて、またメラニン色素も沈着しやすい部位になっているのです。

 

ワキのムダ毛の処理に励んでいる方も多いと思いますが、自己流のカミソリや毛抜きによる処理によって肌にかかる負担が大きくなって、メラニンを発生させ、黒ずみ発生のリスクを高めてしまっています。

 

ですから、自己処理をするにしても前後に入念なケアが必要です。クリームを使用したり、処理後に化粧水や乳液でケアするといった、刺激を少なくしダメージを回復する工夫をしていくと良いでしょう。できれば医療機関において脱毛治療をするのが最善の方法です。

 

 

脇の黒ずみにバイオイル

 

今、様々な美容オイルが販売されていますが、その中でも注目を集めているオイルのひとつがバイオイルで、肌の保湿を促す効果が高いとして評判です。このバイオイルは、傷跡やニキビ跡、妊娠線の予防など、様々な肌トラブルへの効果が認められたことで人気を集め、海外から日本に入ってきた商品です。

 

バイオイルの効果は角質層の深い部分にまで浸透して肌を柔らかくしてくれるので、脇の黒ずみのケアにも効果を発揮すると考えられています。高い保湿力と浸透力は実証ずみですから、脇の黒ずみ専用の化粧品ではないですが、それでも新陳代謝を活性化させて黒ずみを除去するために有効に作用することは間違いないでしょう。

 

バイオイルの中に含まれる美容成分ですが、植物性のハーブエキスやミネラルオイルが主成分となっていて、抗菌作用や保湿、代謝の向上など様々な効果をもったものが多くなっています。もちろん顔に使用してシワやシミを除去するにも効果的です。

 

脇は乾燥しやすく、そして刺激や摩擦に弱いので、乾燥を防ぎつつそしてバリアの役割を果たしてくれるオイルは皮膚の保護に適した化粧品で、それが新陳代謝を促すのですからとても効果がありそうです。脇の下の黒ずみについても、色素の沈着を防いでターンオーバーを促してくれますから有効に働きます。

 

とはいえ、脇の下の皮膚は非常に薄くデリケートな面を持っていますので、もしも肌質に自信が無い場合は専門的な黒ずみケア製品を利用した方が無難ではないかと思います。脇の黒ずみケアの選択股として、バイオイルも考えてみると良いかもしれませんね。

 

脇の黒ずみ対策に、衣類の刺激に注意

 

脇の黒ずみの一番の要因はメラニンですが、一方で下着の摩擦や締め付けが原因となって脇の黒ずみが発生するケースもあります。

 

脇の下は常時下着などの衣類に覆われている部分ですから、摩擦が生じるのはある程度は仕方がないといえるでしょう。しかしながら、最近は補正下着などで締め付けているケースも少なくなく、またボディラインを見せるためにフィット感の強い素材の服も多くなっています。

 

すると、デリケートな脇が強い刺激を受けた際の防御反応として、メラノサイトからメラニン色素が分泌してしまい、それが肌に沈着して脇の黒ずみとなってしまうのです。他にも、腕を上げたり下げたりといった動作でも肌の表面を擦って摩擦が起こってしまいますので、その度にも大きなダメージが発生していることも危惧されます。

 

その上、日頃から行っているムダ毛の処理などの刺激は、肌にダメージを与えるだけでなく毛によって守られていた部分を無防備な状態でさらすことになりますから、脇の下はとかくメラニン色素が発生しやすい部分といえるでしょう。

 

過剰なメラニンの生成こそが脇の黒ずみの最大の原因です。しかし、メラニンといえば通常は紫外線の影響を考える人が多いですが、脇に関して言えばそれを促しているのは衣類や肌による摩擦であると考えるべきでしょう。

 

ですから、脇の黒ずみの発生リスクを少しでも抑えたいならば、締め付けの強い下着や洋服はなるべく必要最小限にとどめるべきなのです。また、肌にやさしい天然素材を使った製品を着用するように心がけましょう。

 

とはいえ、どんな素材の下着や衣服だとしても摩擦自体は発生しやすいですし、乾燥が起こりやすい部位です。ですから、脇の黒ずみを解消したいのであれば、保湿ケアなども念入りに行っていく必要があります。

 

こちらを参考に!!脇の黒ずみをとる方法にピッタリのクリームはこちら

 

 

脇は黒ずみやトラブルが多い部分

 

腕を上げれば当然のように見える脇ですが、普段は衣服を着ているのでそれほど気になりません。しかしこれが夏になると状況は一変し、普段から腕や脇が露出するようになりますし海水浴に行けば水着を着る必要に迫られます。こうしたときにムダ毛と並んで気になるのが黒ずみで、この黒ずみに対してもしっかりケアをしておかないと露出させることが難しくなってしまいます。

 

そもそも脇は全身の中でも一番黒ずみができやすい箇所と言っても過言ではありません。というのは、日常的に剃毛処理を行うために皮膚へのダメージが溜まりやすいし、衣服や動作から来る摩擦にもいつもさらされているからです。刺激から肌細胞を守ろうとするとメラニンが異常に生成されて、色素沈着を起こして黒ずみが発生してしまいます。そうした刺激による黒ずみが発生しやすいのがまさに脇なのです。

 

それだけではありません。脇は湿気がたまりやすく、そして肌が実は乾燥しやすいため元々荒れやすいのです。そして皮膚も非常に薄くなっている箇所ですから元々肌質も弱くなっています。黒ずみに限らず、肌トラブルに見舞われやすい箇所なのです。

 

ですから、黒ずみ対策としてはまず何よりもダメージの蓄積をしないように皮膚への刺激をなるべく避けることが大切です。剃毛の際にも刺激を与えることになりますから、長期的に考えると脇毛の処理を行う必要がなくなる脱毛が最も効果的だと考えられます。

 

また、脇には体の構造上汗腺が多くなっていますので、通気性が悪くなると雑菌が繁殖しやすく、それが肌トラブルを引き起こしやすくしています。ですから、発汗量の増える季節には、汗の処理を細めに行うようにしましょう。くれぐれも摩擦を起こさないように注意しながらやりましょう。

 

普段の衣服もできるだけ天然素材のものを使うと摩擦を少なく抑えることができます。化学繊維については刺激が強いので、できるだけ避け、またサイズの大きめの衣服が良いでしょう。下着も締め付けるようなものは避けた方が無難です。